最近登場した精神疾患|新型うつ病と従来のうつの違いをリサーチ

多様な治療方法

男性

新型うつ病は従来のうつ病とは異なり、好きなことには意欲を持てるのが特徴と言われています。通常の抗うつ薬は効きにくいので、精神科や心療内科のクリニックでは、カウンセリングなどの精神療法が主な治療法になります。

More Detail

症状でわかるストレス病

カウンセリング

新型うつ病の特徴が、好きなことはできるが嫌なことはできないので誤解されやすいことです。若い方が発症しやすい病気でもあります。仕事を休んでいると仕事関係者から誤解されて辛いでしょう。ゆっくり休むためにも、静かな場所を選ぶことをお勧めします。

More Detail

新しいタイプのうつ病

医療

親和型うつ病との違い

うつ病というと、気分が沈む、意欲が出ないなどの症状が長く続く病気というイメージがありますが、うつ病にも様々なタイプがあり、最近増えているとされているのが新型うつ病です。一般的にうつ病と呼ばれる親和型うつ病と比較して、新型うつ病は非定型うつ病とも呼ばれています。親和型うつ病と共通しているところは意欲が出ない、心から笑えない、睡眠障害が出る、朝起きるのがつらい、身体が鉛のように重く感じるなどがあげられます。親和型うつ病の人は真面目で誠実である、仕事熱心である、周りへの配慮があるということが多く見られます。新型うつ病の場合は、責任のある仕事につきたくない、嫌なことがあると周りのせいにしたがる、好きなことに意欲を持てても仕事など嫌なことをするときには意欲が出ないなどといった違いがあります。このほかでは感情の起伏が激しく、それをコントロールできない、突然気分が落ち込む、過眠、過食の傾向にある、時にはパニック発作を起こすこともあります。親和型うつ病の人が病気であることを隠したがるのに対し、新型うつ病の人は病気であることを公言する、自ら診断書を求め、仕事を休もうとする傾向にあります。本人はつらい気持ちであるにかかわらず、周りからはただ我が儘だと思われたり、性格のせいだと思われたりすることも多く、病気であることを理解してもらえないことも少なくありません。さらに従来のうつ病の人が食欲の低下を起こすのに対し、新型の場合は食欲の低下はほとんどなく、過食の傾向にあり、体重が増加しやすいのも特徴的です。さらに従来のうつ病の人は不眠の症状を起こしやすいですが、新型の場合は夜しっかり寝ているにかかわらず昼間も眠くなるなど過眠の傾向にあります。従来のうつ病では朝が気分が悪く、夕方になるにつれ回復していきますが、新型では逆に夕方以降になると、身体がだるくなるなど不調を感じるという違いもあります。親和型うつ病の場合は薬物治療が効果的ですが、新型うつ病の場合は薬に対しての反応が鈍く、良い改善を得られないこともあります。そして比較的若い世代にかかりやすいのもこの病気の特徴です。周囲から誤解も受けやすく、しかも旅行など好きなことをしているときには元気になるので、本人も周りの人も病気になっているのを気づくのが遅れる場合もあります。こうした病気も放置しているとさらに悪化してしまう、改善が難しくなってしまうこともありますので、体調が長く優れない、気分が良くないということが長く続く場合は早めに医療機関に相談することがおすすめです。そして従来のうつ病とは治療方法も違いますので、医療機関を選ぶ場合も、新型うつ病に対して、知識と理解を持っている医師が在籍する病院やクリニックを選びたいところです。新型の場合も、症状を軽くするために薬物療法が行われることもありますが、それだけではなく、生活を整える、精神療法などの治療も行われます。精神療法では認知療法、行動療法などが行われ社会生活を通して治療を進めていくこととなります。回復のためには医師選びも大事ですので、診察の際には患者の話をしっかりと聞いてくれるか、治療についての詳しい説明があるかもよく確認しておきましょう。

従来のものとは違います

看護師

新型うつ病は従来のうつとは症状が異なるもので、ゆとり世代を中心として若年層に多いといわれています。明確な診断基準がないため、正しい診断を受けるには自分の症状を正確に伝えることが大切です。うつの薬が効きにくいことも珍しくありません。

More Detail

TOP