最近登場した精神疾患|新型うつ病と従来のうつの違いをリサーチ

症状でわかるストレス病

カウンセリング

特徴的な症状

従来のストレス病といえばうつ病と考えられていました。最近では、新型うつ病といわれ、主に若い方に見られる病気です。症状も軽く無気力症状になります。うつ病は定型ですが、新型うつ病は非定型になり、違う病気です。病気になる原因の特徴は、仕事がらみのストレスです。仕事があると症状が出て悪化や再発をします。しかし、仕事をしない時は症状がでないので、勘違いされやすい病気とも言えます。遊びや趣味は楽しめるので、休みの日には元気な姿を見た仕事関係者は勘違いするでしょう。精神科や心療内科などで精神的な病気の診断をして診断書を出すので会社の休みも取れます。会社を精神的な病気で休んでいるのに、遊んだり趣味を楽しんだりすると誤解されることもあります。他人から見ると「仕事をサボっている」「怠け者」などと思われることも少なくありません。新型うつ病の患者は、過去のいじめや気薄な親子関係などが原因で未成熟な大人になったという方が多くみられます。また、自己愛が強く、何でも人のせいにする傾向があります。コミュニケーション能力の発達が遅れているので、人間関係が難しいです。オーバーワークによる心身の疲れ、職場の人間関係などで悩むことも多いです。新型うつ病の症状は、突然涙が溢れる、他人の些細な一言で傷つく、人を批判するなどが挙げられます。人間は大なり小なり傷つきます。新型うつ病の患者は傷つきのレベルが非常に高いです。ネガティブに感じると、感情をあらわにし周囲の方を巻き込むこともあります。やりたいことができるが嫌なことになるとできなくなるという部分も特徴です。しかし、嫌なことをしないわけではなくできないので、悪気はありません。周囲から見ると「わがまま病」や「気まぐれ病」に見えてしまいます。気分のアップダウンが激しく、自殺をほのめかすこともあり、「自分をわかってほしい」というヘルプサインを出します。アップダウンの症状は長くは続かず、簡単に元に戻ることもあります。精神的に悩んでいる方は、食欲減少や不眠になりやすいですが、新型うつ病の患者は違います。過食になったりいつまでも寝ていたり、何かに依存することが多いです。新型うつ病の患者の治療方法は、少し背中を押して励ましてあげると良いでしょう。新型うつ病の患者だと、周囲の方々へ告げておくと理解されやすいです。症状の特徴を話しておくと誤解や勘違いも少なくなります。改善方法は、脳に栄養を与える食事をすると効果があります。人間は誰でも脳に栄養が足りないと何らかの症状を起こします。体全体の血流を良くすることも重要です。栄養が体全体へ巡ります。症状が落ち着くまで趣味や好きなことをすることも治療方法です。仕事を休んでいるなら、落ち着くまで静かな場所を選び休養しましょう。幼少期に受けた悲しい出来事などが原因となっている場合は、優しく接し、心を癒してあげましょう。治療には家族や周囲の方の協力が必要です。誰でも辛い時や悲しい時はありますが、辛い過去がトラウマとなってフラッシュバックするのが新型うつ病の症状です。心療内科や精神科の受診、血流改善ですと整体や整骨院などの利用も効果があります。栄養バランスの良い食事をして、健康な体をつくることは心も健康になります。

TOP